不安を煽れ 花粉10倍


花粉10倍のタイトルをよく見る。
情報が溢れ、タイトルだけで、内容を把握しなければならない現在、
断片的な数字をタイトルに使い、ユーザの不安を煽る。

環境省が発表した、平成23年春における都道府県別花粉総飛散量予測。
このデータをもとに、各都道府県の1cm2の空間に含まれている花粉個数を累積すると、

■全国
2011年 232980個(例年比1.44倍)
2010年 53265個(例年比0.32倍)
例年 161613個
例年は過去10年間の平均値(兵庫、鳥取9年、奈良6年)

■前年比で23倍の飛散が予測されている愛知
2011年 5000個(例年比1.88倍)
2010年 209個(例年比0.08倍)
例年 2660個

10倍を越えている地域は
山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、滋賀県、
京都府、大阪府、兵庫県、奈良県
そのすべての地域で、前年の飛散量が例年の1/5以下

嘘ではないが、グレー。
断片的な情報で、苦しんでいる人の不安を煽り、誘導する。
メディアの情報の伝え方に、注意していきたい。

情報元  環境省 平成23年春における都道府県別花粉総飛散量予測

ページ目録

1/1ページ
  • PR

    海外市場の株を購入するなら、CFDがおすすめ
  • PR

  • PR